フライボール (Flyball)

   
51フィート(約15.5メートル)あるコースに並んだジャンプ(ハードル)の先にあるフライボールボックスから、
いかに速くボールを持って来られるか、相手チームとタイムを競うドッグスポーツ。

ドッグスポーツ唯一のチーム競技で、通常は4頭1チームのリレー形式で行われ、
2つのチームがそれぞれのコースで同時スタートしてそのスピードを競います。

コースには4つのジャンプが並べられ、その高さはチームの中で最も体高が低い犬(ハイトドッグ)によって決まるため、
小型犬が勝負の鍵を握ります。

レースではチームの基本タイムによりディビジョン(クラス)が分かれるので、
犬種・年齢・スピードを問わず相手チームと拮抗したレースを楽しむことが出来ます。
間近で見る犬のスピード、ボックスターン(ボールを取ってからのターン)のスピードと迫力は目を見張るものがあります。

 

毎年秋にはアメリカでU-FLI ChampionshipとNAFA CanAm Classicというフライボール世界一を決める大会があり、
ドグタウンフライボールクラブ【DTFC】は選手やアシスタントジャッジとして毎年参加しています。
また、DTFCではどんな犬種でも楽しめるように工夫されたトレーニングを定期的に行っています。
いつでもチーム加入者を募集中です!!

フライボールレッスンについてはこちら

 

ドグタウン工房が行っているフライボールレースのダイジェスト

 

U-FLI Championship 2019 Division 1(最高峰のクラス)の決勝レース

 

 

Event & Game Information

ページ上部へ戻る