フライボール (Flyball)

box_turn
51フィート(約15.5メートル)あるコースに並んだジャンプ(ハードル)の先にある
フライボールボックスからいかに速くボールを持って来られるかを相手チームと競うドッグスポーツ。
ドッグスポーツ唯一のチーム競技で、通常は4頭1チームのリレー形式で行われ、
2つのチームがそれぞれのコースで同時スタートしてそのスピードを競います。
コースには4つのジャンプが並べられており、その高さはハイトドッグと呼ばれる
チームの中で最も体高が低い犬によって決まるため、小型犬が勝負の鍵を握ります。
レースではチームの基本タイムによりディビジョン(種目)が分かれるため、
犬種・年齢・スピードを問わず相手チームと拮抗したレースを楽しむことが出来ます。
間近で見る犬のスピード、ボックスターン(ボールを取ってからのターン)のスピードと迫力は目を見張るものがあります。

毎年10月にはアメリカでNAFA CanAm Classicというフライボール世界一を決める大会があり、
ドグタウン工房は選手兼アシスタントジャッジとして毎年参加しています。
また、どんな犬種でも楽しめるように工夫されたトレーニングを定期的に行っています。
いつでもチーム加入者を募集中です!!

参考動画はこちら

ページ上部へ戻る