ドグタウン工房とは

ドグタウン工房のコンセプトは、
代表の平井寧が若い頃の苦い経験がベースになっています。
スケートボードに夢中だった学生時代に所属していたスケートボードショップが
ある日突然サーフショップに様変わりしていました。
その時のショックは今でも覚えています。
その頃の彼の全てとも言えるスケートボードを中心とした生活を突然閉ざされ、
奪われていくような感覚に襲われました。若き日の最も辛い瞬間でした。

彼が、ドグタウン工房を始める時、
ドッグスポーツを新しい犬との生き方として、もっと知ってもらいたい。
ディスクドッグや犬ぞりを多くの人に楽しんでもらいたい。

そして、全ての愛犬家がいつでも犬の話、ドッグスポーツの話、そしてトレーニングが出来る場所、
決して無くならない場所として続けていくドッグスポーツショップでありたい。
この願いがドグタウン工房のコンセプトになっていきました。

『ドッグスポーツを紹介して、その楽しみ方を広く知って頂く活動をする』

『ドッグスポーツを通じて、犬と人が楽しく暮らすお手伝いをするプロショップ』

『いつもそこに行けば

 ドッグスポーツや愛犬家の仲間に会える場所として、存在し続ける』

ドグタウン工房はこのコンセプトに適うこと全てを
いつも企画して、運営していくところです。

ページ上部へ戻る